メイン画像

仕事の際に普通自動車免許は不可欠なのでしょうか

仕事の際に普通自動車免許は不可欠なのでしょうか。営業の人やドライバーなどには確実に免許がいりますが違う仕事でも車を運転する時はかなりあるようです。例えば、経理課なら銀行に売上金などを貯金する時は、安全を良く考えて自動車で行くと考えられますし広報課なら原稿を真夜中に印刷工場に持参することもあり得るのです。自動車免許がないことで仕事に制約が増えることを避けるためにも免許はあった方が安心だと考えるのです。

現代の正規雇用と言ったやり方をもっとおおざっぱにして柔軟にしようとするのが雇用の規制緩和です。この規制緩和が行われた場合、長い時間の仕事非正社員の拡大、ワーキングプア(貧困)層の増大言われます。それから、それまでの雇用様式が消失することによって仕事場の人間関係の悪化も懸念されるでしょう。労働の安全が保持されなくなるなってしまうと危惧する声も聞かれています。規制緩和で起こる低賃金や長時間労働でこの国の経済が経済危機から脱出できなくならないか心配です。

雇用の形態は会社と働く人が締結する労働契約の種別を分けるものです。大きく分けて、正規の社員・契約社員・派遣社員・パート社員・アルバイトがありますね。正規採用が年金や保険の面で最も待遇がいいと思われていますが、昨今では、アルバイトでも勤務時間数で保険などに入れることもあり、どの雇用形態が最もいいか一口には言えるものでないです。今現在の環境や未来のこと、仕事内容などでどの雇用形態が良いかは人それぞれですね。